ホーム

»

みんなの学校新聞とは

みんなの学校新聞とは

Penguins-800x600

”群馬の教育をもっと元気に!”

 

こんなコンセプトで、2年前から「みんなの学校新聞」プロジェクトはスタートしました。

 

たとえば、高校受験。

志望校の情報を集めようとすれば、パンフレットやその学校のホームページで情報を集めるのが現状です。

いろいろな学校の情報が一覧してわかる、そんなサイトがあったらおもしろいだろうな。今まで検討もしたことがなかった学校に興味を持ち、そこから新しい出会いがはじまるかもしれない。

 

学校だって、もっといろいろな人に自校のことをわかってほしいはず。地域の人たちに、学校の取り組みや子供たちの頑張りを発信したい。卒業生に学校の近況を伝えたい。もちろん、今だって紙媒体や自校のホームページはあるけれど、関心の輪がもっともっと広がっていったら、結果的に学校自体が元気になるはず! そして、地域に住む人たちだって、普段目にする、その学校は身近なようでいて、意外と知らなかったりする。気持ちの距離が、案外、遠かったりする。

 

学校の取り組みに共感の輪が生まれれば、もっと地域と学校が連携するネットワークが広がるかもしれない。私たち「みんなの学校新聞」を通じて、群馬の教育がもっと熱くなったらいいな。

そんな思いを込めて、サイトを立ち上げました。

 

技術的な協力はWeb制作会社・DIC(群馬県・太田市)が全面的に協力してくださいます。

各学校の広報・入試担当の先生方に編集協力を得ながらニュースを配信していきます。配信加盟団体も順次募っていきます。配信されるコンテンツも随時広げていきます。機能もアップグレードさせていきます。

 

走りながら、リニューアルしていく。スピード感も大切にしていきたいと思います。

群馬の教育を元気にすることで、子供たちの未来ももっと明るく、元気になればいいな。そんな思いをこめて「みんなの学校新聞」は創刊します。

みんなの学校新聞 編集長 峯岸武司

 

イベント