ホーム

»

とんぺー女子の東北大学留学記

»

春休み 台湾旅行記✒その1

とんぺー女子の東北大学留学記

一覧はこちら

春休み 台湾旅行記✒その1

みんなの学校新聞編集局 
投稿日:2018.04.07 

みなさん、こんにちは! もう関東では桜が満開だそうですね〜。東北も、もう昼間はコートがいらないくらいの日が続いています。

 

そして、私たち大学生の2ヶ月続いた春休みももう終わりが見えています(泣)。そこで、少林寺拳法部新2年女子のみんなで、どっかで思い出づくりするか!!ってことで、台湾に行ってきました!

 

6人中、私含め4人が中国語選択なので、どうせなら勉強がてら行こうってことで、ガイドさんなしで行くことに決めました。が、飛行機のアナウンスを聞いた時点で思ったより全然聞き取れない…

 

まぁ確かに私たち基礎中国語を一年間やっただけだしなぁ…。ですが、ここで授業で先生が「台湾の中国語は巻舌にならないよ」と言っていたのを思い出しました。でも台湾では英語はそんなに通じないらしいし、聞き取れなければコミュニケーション取れない!!とりあえず空港からホテルまでのタクシーは少しの英語とジェスチャーで乗り切りました。ところがホテルに着いて一安心。ホテルの受付の方はみんな日本語が通じたし、隣のセブンイレブンでは思いっきり日本の商品が日本語のパッケージのまま売っていました。(はじめこれ見たときは私たちの泊まったホテルに泊まる日本人がたくさん利用するからかなぁと思いましたが、街中の薬局とか行っても普通に宣伝の謳い文句が日本語で、あ、普通に日本語表記使われてるんだな、って感じでした。)


着いてから1日目の朝は、日本で言う地下鉄のMRTってのを利用して、朝市に行きました。ですが朝市の前に。まず驚いたのがこのMRTでした。駅や車両は日本とぱっと見は大差ないようでしたが、切符を買うと出てきたのはコインのようなものでした。これを、入るときは普通に改札にタッチし、出るときはまさにコインのように投入する、という感じでした。日本の切符のように折れる心配がないし、どこかに挟まれてしまって見つからない、ということがなさそうだったので、友達とは日本でも導入すればいいのにねって話になりました。

IMG_2144

 

IMG_2145

 

で、肝心の朝市。私たちはシュウレン(漢字変換できなかった)というところの朝市に行きました。お腹がすいていた私はいきなり水煎包(焼き肉まん)と肉包(普通の肉まん、私が食べたやつは豚の角煮みたいなのが入ってました)を一気に食べました。同じようなもの食べちゃったかと反省しましたが、水煎包に至っては小籠包の大きくて皮がちょっと丈夫なバージョン、みたいな感じで、肉汁がコートに飛ぶくらいすごかったので、想像していたのと全然違くて感動しました(いろんな意味で涙)。

IMG_2152

 

IMG_2156

肉包もすごく大きくてふかふかでおいしかった! だから全く後悔はないです!! 他にも朝市にはスターフルーツやマンゴーなど台湾らしい南国フルーツが並んでいました。日本語表記もちらほら。上に書いた肉まんを食べながら歩いていたら、屋台のおじさんに「おいしい!!!!」と叫ばれ、手を振られました(笑)。きっと観光客は一目瞭然なんでしょうね。

IMG_2159

 

その後は最近日本にも上陸したらしい台湾かき氷のお店に行きました。正直マンゴーはそんなに得意ではなかったのですが、どうせなら、とマンゴーかき氷をお願いしました。私のマンゴーに対する意識がガラッと変わりました。日本でもまた食べたいです。

FullSizeR
・・・ちょっと今回は食レポみたいになってしまいましたが、台北旅行記、あともう少しお付き合いください(笑)。今回はここまでで。読んでくださってありがとうございました。

イベント