ホーム

»

とんぺー女子の東北大学留学記

»

「新歓」が終わり、1年の早さに「震撼」^^

とんぺー女子の東北大学留学記

一覧はこちら

「新歓」が終わり、1年の早さに「震撼」^^

みんなの学校新聞編集局 
投稿日:2018.05.14 

  みなさん、こんにちは!

  だんだんあったかくなってきましたね〜。仙台は寒暖の差がすごくて、昨日マフラーに手袋をしている人がいると思ったら今日はタンクトップで歩いている人を見かける、くらいの振れ幅です。風邪ひかないようにしましょう・・・!


 さて、私のいる東北大学では、入学式から始まる新歓期間がつい先日終わりました。今回は、去年の新入生側の立場に代わり、新入生を歓迎する立場から見た新歓期間について書いてみたいと思います! よかったら昨年の記事も参照にしながら読んでみてくださいね!


 まず入学式当日。東北大学の入学式は大学の構内で行われるのではなく、ちょっと離れたカメイアリーナというところでやります。昨年は母と二人、スーツで緊張しながら、サークルと部活が新入生を勧誘すべく列をなしてビラを配る“ビラロード”に驚きながら、入学式へ向かいました。

 しかし、今年はビラロードを構成する側。

 道着を着て、部員と一緒に「ご入学おめでとうございます!少林寺拳法部でーす」と、驚く新入生たちに山ほどビラを配ってきました。

 1年て早いなぁ。すごく感慨深かったです。


 入学式が終わった次の日からは、新歓期間のスタートでした。1年生が受ける一般教養の授業は川内北キャンパスというところであるのですが、そのキャンパスの真ん中を通って購買のある建物へつながる通路の両脇には部活のブースが常時設けられ、他にもビラ要員がそのまわりで勧誘する、新入生にとっては恐怖を覚えさえするかもしれない(私は昨年通るのがこわかった)くらいの臨戦態勢。もちろん私たちも加勢して、雨の日も風の日も、勧誘を拒否され心が折れても、毎日頑張りました。


 新歓のアプローチの仕方も、各部活・サークルで様々です。ミスド会、和菓子会、BBQ会など食べ物で釣る(言い方良くないですが^^)のが多いですね。部活に参加しに来てくれた新入生にご飯を奢る、というのは最早スタンダードです。学部系の部活は高級焼き肉店だったり本格フレンチに連れて行ってくれるそう。

 

IMG_2950

 

IMG_2953

 

 「新歓期間はいろんな部活を回ってご飯を奢ってもらって食費を浮かせ」というのが先人の知恵として語り継がれるほどです。そういう私、昨年は少林寺拳法部以外どこにも行かなかったのでちょっと後悔してます。焼き肉行きたかったなぁ^^
 少林寺拳法部では体験会、女子会、お花見、あとはSNSで情報を発信したり。おかげで2人のドイツ人留学生(要英語対応)含む9人が入部してくれました! 以前に増してにぎやかになって楽しいです(笑)。


 部活だけでなく、普段の生活もだんだんと慣れてきました! ご飯行くときだって、中華だったりラーメンだったり、ジャンルごとにおいしいお店は、ある程度分かるようになったし、昨年の今頃黒焦げにしたホットケーキもしっかり焼けるようになりました。

 

IMG_8708

懐かしい!! 黒焦げホットケーキ

 

 が、部活が忙しいこともあり(言い訳に聞こえるけど)自炊は全然しなくなってしまいました・・・。今冷蔵庫の中にあるのは確かチーズくらいだったと思います(笑)。ユニットに引っ越してきた新入生たちはみんなお弁当を作って持って行っているレベルなので、ちょっとは見習いたいですね。
 私の今の生活はこんな感じです!

 あとは次回にでも、勉強やバイトのことが書けたらいいなと思います。今回もここまで読んでくださってありがとうございました!!

イベント