ホーム

»

学校ニュース

»

文科省、大学入学共通テストの概要を示すー国数で記述式(サンプル有)

学校ニュース

一覧はこちら

文科省、大学入学共通テストの概要を示すー国数で記述式(サンプル有)

大学入試

みんなの学校新聞編集局 
投稿日:2017.05.16 
tags:大学入学共通テスト, 文部科学省 大学入学共通テスト, 大学入学共通テスト 問題例, 大学入試改革

大学入学共通テストの概要を示した文部科学省

写真を拡大

  文部科学省は5月16日、高大接続改革の進捗状況について公表した。平成32年度から大学入試センター試験に代わり導入予定の「大学入学共通テスト(仮称)」では、国語と数学で記述式問題を出題し、英語で民間の資格試験を導入するなど、思考力・表現力などが評価される。(編集部=峯岸武司)
 
大学入学共通テスト 問題例(大学入試センター)
大学入学共通テスト モニター結果(大学入試センター)
 
 「大学入学共通テスト(仮称) 」実施方針(案)では、実施開始は平成32年度(2020年度)。出題教科・科目は国語、地理歴史、公民、数学、理科、外国語、専門学科に関する科目。マークシート式問題は、思考力、判断力、表現力を一層重視した作問となるように見直しを図るとしている。
 

 

 
 「国語」「数学」では記述式問題を出題する。記述式問題の作問、出題、採点は大学入試センターで行う。採点結果をマークシート式問題とともに大学に提供し、各大学で結果を活用する。
 
 国語は古文・漢文をのぞく「国語総合」の内容とし、出題は文字数80~120字程度の問題を含めて3問程度とする。マークシート式問題と記述式問題の大問は分けて出題し、試験時間はマークシート式と合わせて100分程度と想定している。

 数学の記述式問題の出題科目は「数学I」「数学I・数学A」とし、出題範囲は記述式問題の意義が大きい「数学I」の内容とする。数学的な処理を行って解決して結果を得るために数式や図表、グラフなどで表現するなどの3問程度で、大問の中にマークシート式問題と記述式問題を混在して出題。試験時間はマークシート式と合わせて70分程度と想定している。

 英語では、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を適切に判断するため、民間の資格・検定試験を活用する。試験内容、実施体制が必要な水準を満たしているものをセンターが認定し、試験結果を国際標準「CEFR」の段階別成績表示を要請があった大学に提供する。受験者の負担や学校教育への影響などを配慮し、高校3年生の4月~12月の2回までの試験結果を各大学に送付する。

 また、共通テストの英語試験の取扱いについては、「平成32年度以降は共通テストの英語試験を実施せず、認定試験を活用する(A案)」と「共通テストの英語試験は平成35年度までは実施し、各大学の判断で共通テストと認定試験のいずれか、または双方を選択利用することを可能とする(B案)」の2案を提示。大学、高校などの関係団体の意見を聞きつつ検討していく。

ページのパスを確認してください

ページトップへ