ホーム

»

学校ニュース

»

マエタカ×タカタカ文化祭対決?ー前高・蛟龍祭編 

学校ニュース

一覧はこちら

マエタカ×タカタカ文化祭対決?ー前高・蛟龍祭編 

ライフ

みんなの学校新聞編集局 
投稿日:2017.05.27 
tags:前橋高校, 前橋高校 文化祭, 蛟龍祭 前高

写真はミス前高コンテストの様子 男子校パワー炸裂!

写真を拡大

  6月3日(土)・4日(日)、第55回前橋高校の文化祭「蛟龍祭」(こうりょうさい)が行われる。3日は11:00~16:00、4日は10:00~16:00で両日とも入場は15:30までとなっている。

 

 

■「蛟龍祭」の名前の由来
 蛟龍とは古代中国より伝わる空想上の動物で、まだ完全な龍になれず湖や池の底に隠れている龍の幼体だと言われている。まだ志を得ていない英雄や豪傑のたとえに用いられる。
 文化祭の名前には、前高生がその身を蛟龍にならい、自分の理想とする姿、すなわち龍へと成長することへの思いが込められている。
公式ホームページには、文化祭の存在意義がこう記されている。
「私達の主張や信念、情熱、そして前高生らしさを前高から世界へと発信するために存在します」。

 

前高文化祭ポスター

【写真】蛟龍祭のポスター 今年のキャッチコピーは「華より男子校」(公式サイトから引用)

 

■「蛟龍祭」ってどんなイベント?
 来場者は例年8,000人にまで上り、同校の行事としても最大規模だ。当日はクラス展示、のど自慢大会、仮装行列や有志によるコンサートやミスコンが催されるなど、様々なイベントが行われる予定だ。

policy-img0111

【写真】オープニングセレモニーの様子(公式サイトから)

policy-img0211

【写真】クラス展示の様子(公式サイトから)

IMG_355811

【写真】ミス前高コンテストの様子(公式サイトから)

 

 文化祭期間中、生徒の手による「学校説明会」も行われる。興味のある受験生は時間が決まっているので要注意だ。3日(土)は11:15~12:00、4日(日)は12:15~13:00。いずれも同校記念館で開催される予定だ。
 この学校説明会では、定期戦・優曇華などの各行事の説明や様子に加え、マエタカのリアルな話やぶっちゃけ話まで飛び出すという。公式ホームページでは「ユニークな生徒により前高生の日常や彼らが何を考え、何を学んでいるのか。そして、これからの前高について紹介します」と予告されている。「ユニークな」という修飾語句が気になるところだ。
 生徒主体の学校説明会だけに、学校主催のものとはまた違った「前高」の魅力に触れることができる。

 実行委員会では「前高進学を考えている小・中学生や前高に興味があるのそこの女子高生も必見です!!」と話している。
「女子高生」という言葉が入るあたり、何とも男子校らしい。

 

■OBの証言
 現在大学2年生の前高OBは「蛟龍祭はとにかく盛り上がります。自分はお化け屋敷をやりましたね。内装外装班長として、ミッション性、恐怖感の演出などいろいろ工夫しました。作り上げたものが高いクオリティだと評価してもらえ、とても嬉しかったのを思い出します」と当時を振り返る。

 また別のOBはこう語る。「マエタカっていうとお堅いイメージで見られがちですが、実は本当に楽しい高校です。学校の『実態』をのぞける意味でも受験生を考えている皆さんは絶対参加した方がいいですよ。男子高生の生態がのぞけます」

 

 「蛟龍祭」についての詳しい内容は公式ホームページで。

(編集部=峯岸武司)

イベント