ホーム

»

学校ニュース

»

樹徳高校、平成30年度入試の概要を発表

学校ニュース

一覧はこちら

樹徳高校、平成30年度入試の概要を発表

高校入試

みんなの学校新聞編集局 
投稿日:2017.06.07 
tags:樹徳高校 入試, 樹徳高校 入学試験, 樹徳高校

今年度の入試概要を発表した樹徳高校

写真を拡大

 樹徳高校は平成30年度の入試の概要を発表した。
 それによると、推薦入学試験・学業奨学生入学試験は平成30年1月7日(日)(試験時間8:45~15:20)で、発表は同16日(火)。発表は郵送にて行うとしている。
 一般入学試験・ステップアップ入学試験は1月27日(土)(試験時間:8:45~15:20)で発表は2月6日(月)に郵送にて行われる。
 募集定員と募集コースは下記の通り。
募集定員と募集コース 男女計
460名
総合コース J 組
大学進学コース S 組
特別大学進学コース K 組
スーパーサイエンスコース  SS組
 
 

 

コースの概要(HPを参考)
●Jコース(総合コース)
 Jコースは、基礎学力を最大限に伸ばし、目標とする大学への現役合格をはじめ、専門学校への進学や、公務員、各企業への就職に力を発揮することができる。
 2年次からの選択授業では、進路希望に合わせて文系・理系に分かれる。文系では、国語・英語の学習時間を増やしグローバルな進路選択が可能となる。また、理系では、数学や化学・生物等の理系科目を中心に学習することで、医療・看護系への進路選択も可能となる。
 
●Sコース(大学進学コース)
 Sコースは、部活動にも積極的に取り組み、学習と両立させている生徒が多く在籍している。カリキュラムはKコースと同様。部活動の指導者も学習時間確保の重要性を理解しているので、安心して学習と部活動の両立に取り組むことができる。
 また、平成29年度より、男女共学募集となり、男子の活躍に加えて、女子の活躍が大いに期待されるコースに生まれ変わりる。
 
●Kコース(特別大学進学コース) 
 Kコースは、学習習慣の定着と基礎学力の充実から始まる。「わかる授業」で引き出された意欲が、苦手科目を克服し、得意科目をさらに向上させられる。そして、「学力向上」と並行して行われるのが「丁寧な進路指導」。生徒一人ひとりの、希望、適性、個性などに細かな点まで考慮してもらえる。
 定評のあるKコースの学習指導システムと面倒見の良い進路指導が、生徒一人ひとりを納得のいく進路を実現する。
 
●SSコース(スーパーサイエンスコース) 
 SSコースは、最難関国公立大学の理系学部への進学を目指すことができる、グローバルな学習活動を展開し、大舞台で活躍する「スペシャリスト」に導く「少人数制」のコースだ。群馬大学をはじめとする各大学、研究機関との高大連携講座や海外科学研修により、最先端科学技術に触れることも、進路実現達成のための大きな財産となる。

(編集部=峯岸武司)

ページのパスを確認してください

ページトップへ