ホーム

»

学校ニュース

»

前橋育英、平成30年度の入試募集要項を発表

学校ニュース

一覧はこちら

前橋育英、平成30年度の入試募集要項を発表

高校入試

みんなの学校新聞編集局 
投稿日:2017.06.20 
tags:前橋育英 入試, 前橋育英 オープンキャンパス, 前橋育英 入試要項

前橋育英高校が平成30年度の入試要項を発表しました。

写真を拡大

 前橋育英高校は19日、平成30年度の入学試験の募集要項を発表した。
 
 学力特別奨学生試験(学特Ⅰ期)の試験日は平成30年1月14日(日)で発表は19日(金)。併願受験者は5教科、単願受験者は英数国の3教科と面接が試験科目だ。
 入試結果によりS~Cまでの4段階で奨学金を支給する。
 学特Ⅰ期の受験者(学特S合格者を除く)は、さらに上位の合格区分を目指し、希望により学特Ⅱ期での再チャレンジが可能だ。学特Ⅰ期・Ⅱ期とも受験した場合、いずれか上位の合格区分で手続きをすることができる。
 
育英 学とく一期 合格区分
 
 
育英 パンフ表紙
【写真】前橋育英高校の2018年版の学校案内パンフレット(表紙)
 
 推薦試験の試験日は平成30年1月15日(月)で発表は19日(金)。 同校では受験資格として「前橋育英高校のみを希望し、必ず入学する意志を持つ者」を条件にしている。試験科目は英数国の3教科および面接。
  Ⅳ類(スポーツ科学コース)は競技実績などを総合的に判定し、S~Cまでの4段階で奨学金を支給する。 Ⅲ類・保育科では入試結果により奨学金支給するとしている。
 推薦試験を受験した者(推薦合格を除く)は、希望により学特Ⅱ期または一般試験を受験することができる。
 
育英 推薦 合格区分

 学力特別奨学生試験(学特Ⅱ期)・一般試験の試験日は平成30年2月3日(土) で発表は7日(水) 。
 学特Ⅱ期での受験の場合、試験科目は併願受験者は5教科の筆記試験で、単願受験者は英数国の3教科および面接となっている。入試結果によりS~Cまでの4段階で奨学金を支給する。なお、学特Ⅰ期・推薦試験の再受験者は受験料は不要になる。
 一般試験での受験の場合、試験科目は英数国の3教科および面接による検査で、単願・併願の選択が可能となっている。こちらも学特Ⅰ期・推薦試験の再受験者は受験料が不要になる。
 
オープンキャンパスなどの情報
育英 バナー
 
●募集要項はこちら
 
(編集部=峯岸武司)

ページのパスを確認してください

ページトップへ