ホーム

»

学校ニュース

»

【学校探訪記】近代から継承される共愛の教育(3) カリキュラム・進路編

学校ニュース

一覧はこちら

【学校探訪記】近代から継承される共愛の教育(3) カリキュラム・進路編

高校入試

みんなの学校新聞編集局 
投稿日:2017.07.27 
tags:共愛学園, 共愛学園 オープンキャンパス, 共愛学園高校, 共愛学園中学, 相内優香, 共愛学園 入試, 共愛学園高校 進路

共愛学園高校の魅力の一つは指定校推薦枠の豊富さだ。ミッション系の大学とのつながりは強く、青山学院大学は15名(2016年実績)の指定校枠を持つ。

写真を拡大

 創立から129年の長い歴史を歩んできた共愛学園(前橋市)は幼児から大学生までの幅広い層が集う県内で唯一の総合学園である。同学園が掲げる教育方針は「わたしがあなたがたを愛したようにあなたがたも互いに愛し合いなさい」という聖書の言葉である。「共愛」という名前もこの言葉に基づいて名付けられた。
 今回の学校探訪記は、共愛学園の「いま」を卒業生や学園関係者の声を織り交ぜながら紹介する。全4回シリーズの今回は共愛学園の進学事情をレポートする。
 
| 各コースの特色をいかした進路指導
 共愛学園高校のコースは4つある。
普通科特進コース
普通科進学コース
英語科特進コース
英語科進学コース

 普通科はバランス型のカリキュラム、英語科は英語に特化したカリキュラム編成だ。英語科特進は文系・理系に分かれるが、英語科進学は文系色が強く、3年次に数学がないのも特徴だ。
 
共愛学園高校のカリキュラム一覧(例)➡クリックすると画像が拡大されます。
共愛カリキュラム

「三者面談をしていると、特進コースで受験すべきか、進学コースで受験すべきか、よく聞かれます。要は進学コースでないと指定校推薦で受験できないって話を聞くんです」。前橋市内のある塾の先生が投げかけたこの疑問を飽田校長にぶつけてみた。

「原則、指定校推薦枠は進学コース優先ですね。特進の場合は、実際に一般受験でうけても合格する力を付けさせられるという自負はあります」
 実際、特進コースでは、この3年でお茶の水女子大や北海道大学、東京外大などの国立難関大や慶應義塾大学、国際基督教大学(ICU)、学習院大学などの私立の難関大学にも合格者を輩出している。
 
共愛ロゴ小

 共愛の魅力の一つは指定校推薦枠の豊富さだ。ミッション系の大学とのつながりは強く、青山学院大学は15名(2016年実績)の指定校枠を持つ。ICUや関西学院大学、上智大学、同志社大学などの名門私学の枠もある。もちろんミッション系だけではない。明治大学や法政大学といった私立大学の上位校にも推薦枠を持っている。

 同校出身で青山学院大学を卒業した中島優理香さんの言葉はそのことを裏付ける。「共愛は推薦制度が充実しています。進路のための対策補講授業や、相談室などもあり、適切なアドバイスがもらえました」
 
◆共愛学園高校の主な指定校
・上智大学 ・法政大学
・国際基督教大学・明治学院大学
・青山学院大学・東京女子大学
・立教大学・同志社大学
・明治大学 ・関西学院大学
 
| 親身で熱心な教師陣と夢を語り合える仲間がいる環境
 大学入試自体が多様化している。そのため自分の適性にあった志望校を見つけ、どういう受験方式で受けるかを決定するのも大変な労力だ。同時に合格するためのプランを戦略的に練らなければならない。大学受験は情報戦でもある。進路選択において、学校側の協力体制は不可欠だ。

 卒業生の飯塚ゆき子さんは「共愛の先生たちはとても親身になってくれます。特に自分の将来の目標のために何通りも進路を考えてくださいました」と語る。自分の進路希望を絶対に否定されなかった。「(そのことが)とても励みになりました」と彼女は振り返る。
 飯塚さんが忘れられないのは、その熱心な指導ぶりだ。どんなにしつこく質問に行っても必ず対応してくれたそうだ。「頼んだら毎週補講をやってくださいました」

 大学受験を志す上で、環境は重要だ。特に大学受験を目指す仲間の有無はモチベーションの維持には不可欠だ。これについても、彼女は「周りのみんなが頑張ってるから自分も頑張ろうと思えた」と太鼓判を押す。干渉しすぎず、離れすぎずの距離感がちょうどいい。

 テレビ東京アナウンサーの相内優香さんも「教室では友人同士でよく夢を語り合いました。今振り返れば『アナウンサーになりたい』と恥ずかしげもなくよく堂々と言えたな(笑)、と思うのですが、たとえ、どんなに高い目標であっても、みんなが自由に夢を語り合える空気がありました」と共愛学園の校風を語る。
 
 共愛を巣立った卒業生たちの声に共通するのは、教師陣の面倒見のよさとしっかりしたサポート体制が夢の実現につながっていったという点だ。程よい距離感で温かく見守る共愛学園の先生の眼差しが現在の進学実績につながっているといえる。
(編集部=峯岸武司)
 
共愛OCバナー
 
 
📎情報クリップ
 共愛学園中学高校の入試要項を見てみる  共愛学園中学    共愛学園高校
 
 テレビ東京アナウンサー 相内優香さんの担当番組(外部リンク)
 「ワールドビジネスサテライト」(毎週火・木・金曜担当23:00~23:58)
 「にちようチャップリン」(毎週日曜 22:00~22:48)
 「日曜夕方の池上ワールド」(日曜 16:00~17:15)など
 

ページのパスを確認してください

ページトップへ