ホーム

»

学校ニュース

»

数学甲子園2017の予選が行われるー群馬県からは6校が出場

学校ニュース

一覧はこちら

数学甲子園2017の予選が行われるー群馬県からは6校が出場

ライフ

みんなの学校新聞編集局 
投稿日:2017.08.02 
tags:数学甲子園2017, 数学甲子園 群馬

数学甲子園は今年で10回目の開催となる。出場数は年々増え、今年、予選に出場している学校は全国253校・579チームで参加人数は2,353人に上る。

写真を拡大

 8月1日(火)、東京のタイム24ビルで「数学甲子園2017」(主催:日本数学検定協会 後援:文部科学省)の予選が行われた。本大会の予選は全国複数会場で、2017年7月31日(月)~8月5日(土)の間の6日間にまたがり実施されている。

 

 予選の競技内容は参加選手が個々に、実用数学技能検定(数学検定)2級・準2級程度の日本語表記問題20問を60分以内に解答するというもの。選手間の相談や参考書の使用は禁止されている。  

 

 参加できるのは中学校、高校、中高一貫校、高専(3年まで)に在籍する生徒で、1チームは3~5名で構成される。同一校から複数のチームが出場することもできる。本選に出場できるチームは同一校から最大2チーム。  予選に出場している学校は全国253校・579チームで参加人数は2,353人に上る。  

 

数学甲子園予選問題

数学甲子園予選問題の解答

 

 予選では、チームの平均点などにに基づいて36チームが選抜され、8月下旬から9月にかけて行われる本選の出場権を獲得することになる。  

 

 本県および隣接する学校からは次の学校がエントリーしている。

<群馬県>

・高崎商科大学附属高校(2チーム8名)
・県立高崎高校(2チーム6名)
・県立太田高校(1チーム5名)
・健大附属高校(4チーム13名)
・樹徳中学高校(2チーム9名)
・四ツ葉学園中等教育学校(3チーム13名)

 

<栃木県>
・県立宇都宮高校(3チーム12名)
・県立足利高校(1チーム4名)初出場
・佐野日大高校(2チーム8名)

 

 

数学甲子園1

【写真】数学甲子園の様子(昨年の予選)大会公式ホームページから

 

 数学甲子園(全国数学選手権大会)は、全国の生徒・学生が団体戦で数学の力を競う大会で、「実用数学技能検定」の20周年記念事業の一環として2008年から始まった。今年で10回めの開催となる。  

 事務局では、企画の意図に、生涯学習の観点から数学を通じて考える力や発想力を高め、教育・ものづくりなどの発展に寄与する目的を挙げる。

 本大会では数学の問題を解く力だけではなく、「問題解決力」「チームワーク力」「創作力」「プレゼンテーション力」など幅広い力が問われる。

 

(編集部=峯岸武司)

イベント