ホーム

»

学校ニュース

»

みんなの学校新聞、学習塾・スクール向けの広告の取り扱いを開始ー9月

学校ニュース

一覧はこちら

みんなの学校新聞、学習塾・スクール向けの広告の取り扱いを開始ー9月

PR

みんなの学校新聞編集局 
投稿日:2017.09.07 
tags:みんなの学校新聞, みんなの学校新聞 広告

広告はPCではページ右下の「生徒募集」、スマホではページ下方の「生徒募集」に掲載される。バナー広告にリンクさせることでより大きな広告効果が期待できる。

写真を拡大

   みんなの学校新聞編集局では学習塾・スクール向けの広告の取り扱いをスタートさせる。


 月額掲載費用が5,000円と比較的安いコストで掲載でき、広域に告知することができる。読者層が群馬に在住する30~50代の子育て世代が多く、記事との親和性が高いのもメリットだ。


 広告ページはテキストの情報を入れるだけでなく、googleマップやチラシ・写真・動画などの画像を入れることもできる。塾やスクールのホームページやSNSへのリンクも可能だ。


 カスタマイズできる問い合わせフォームを設置することもできるので、オファーまでノンストップの広告展開を実現した。


 お問い合わせフォームについては、問い合わせた人に確認メール(内容はカスタマイズできる)が自動送信され、塾側には問い合わせた内容がフィードバックされる仕組み。このやりとりに関してはクライアントの塾・スクールのメールアドレスで設定できるので、編集局には一切記録は残らない。またやり取りは、SSL通信で暗号化されるので、個人情報保護の観点からも安心だ。

 

 峯岸武司編集長は「自分も学習塾の経営にかかわっていますが、自分の関わる塾の告知は行いません。あくまで『みんなの学校新聞』はニュースメディアであり、公私混同的なメディアの扱いは、このサイト自体の信頼性を傷つけることにつながってしまいますからね。自分としては、このサイトが人と人をつなぎ、『ぐんまの教育を元気に』できるメディアに育てたいという思いで運営しています。今回のこのようなサービスの提供に踏み切ったのは、新しい集客の形をすべての塾経営者のために創造し、開放していきたいという気持ちからです」と話している。

 

●学習塾・スクール向け広告の案内はこちら

サンプルページ


 編集局では「紙媒体が力を失いつつある中で、いかに学習塾やスクールが効率よく集客できるかを模索してきた。地域が絞り込めないという弱点はあるが、それは今後の課題。金額的なことを考えれば、十分、納得のできる費用ではないかと思う。ぜひ活用してほしい」と話す。


 広告の取り扱いは9月からスタートさせる。2学期の生徒募集や冬期講習などでの活用を見込んでいる。

 広告についてのお問い合わせは info@np-schools.com まで

イベント