ホーム

»

学校ニュース

»

群大医学部医学科、緊急医師確保対策の暫定措置終了で定員変更へ

学校ニュース

一覧はこちら

群大医学部医学科、緊急医師確保対策の暫定措置終了で定員変更へ

大学入試

みんなの学校新聞編集局 
投稿日:2017.10.19 
tags:群馬大学医学部医学科, 群馬大学 医学部, 群大 入試, 群大 ネット出願, 群馬大学 医学部 定員

群馬大学医学部医学科で行われていた「緊急医師確保対策」に基づく暫定措置終了により、定員が変更される。

写真を拡大

 群馬大学医学部医学科で行われていた「緊急医師確保対策」に基づく暫定措置(平成21年度~)による 5名の入学定員増が、平成29年度で終了した。そのため、平成30年度の入学定員は表2のように変更される。 

 ただし、群馬大学では、現在、暫定措置の期間延長を申請中であり、認可後は表3のようになる予定だ。

 この定員変更への対応は流動性が高く、「  (このことは)変更になる場合もあります。今後の動向については大学ホームページでお知らせしますので、ご確認くださるようお願いします」と同大では呼びかけている。

群大医学部定員

 

 

 また、群馬大学では、志願者の利便性向上及び入試業務の効率化等を図るため、 平成30年度入学者選抜から、一般入試(前期日程・後期日程)でインターネット出願を導入するとしている。 これに伴い、一般入試(前期日程・後期日程) については、紙の学生募集要項は廃止となる。  

 インターネット出願の導入により、学生募集要項の取り寄せが不要となり、出願期間中は24時間いつでも出願登録が可能になる。ただし、大学入試センター試験の成績請求票や調査書等、出願期間中に郵送が必要な書類もあり、受験する生徒は注意が必要だ。詳細について、群馬大学ではホームページ上で随時発表するとしている。

(編集部=峯岸武司)

ページのパスを確認してください

ページトップへ