ホーム

»

学校ニュース

»

上野三碑、ユネスコ「世界の記憶」に登録決定ー31日

学校ニュース

一覧はこちら

上野三碑、ユネスコ「世界の記憶」に登録決定ー31日

文化

みんなの学校新聞編集局 
投稿日:2017.10.31 
tags:多胡碑 金井沢碑 山上碑, 上野三碑 世界の記憶

この読み札にも脚光があつまります。

写真を拡大

  ユネスコ「世界の記憶」の登録の可否を審議する国際諮問委員会がフランス・パリにおいて開かれ、30日(日本時間31日)、高崎市にある山上碑・多胡碑・金井沢碑の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)が「世界の記憶」に登録されることが決定した。
 
上野三碑
 上野三碑は飛鳥~奈良時代に建立された石碑群で、現存する古代石碑群では国内で最古。
 登録決定を受けて県では、上野三碑世界記憶遺産登録推進協議会および高崎市とともに、11月1日(水)午後2時から県庁32階の展望ホールで、登録祝賀セレモニーを開催する(事前申し込み不要)。
 
📝 よく分かる上野三碑 📝
※講演会はすでに終了しています。
県立女子大・熊倉教授の「増補版 上野三碑を読む」(雄山閣)
 

 

 
 

 

 

 

 
〈 登録までの経緯について 〉 
●平成24年6月5日 県議会の一般質問において、大澤知事が「夢のある話」として、地元高 崎市と協議して登録を進めたいとの答弁を行う。
●平成24年9月21日 専門家、群馬県、高崎市による上野三碑世界記憶遺産研究会を設置する。
(平成26年3月までに6回の会合を開いて登録の目的と選定基準に値することを確認する)
 
●平成25年8月29日 地元の有志を中心とした上野三碑顕彰会(会長:元NHK解説主幹 横島 庄治)が発会する。 (同年12月8日に、高崎経済大学で発会記念講演会を開催する。 )
 
●平成26年11月1日 官民一体となって登録を実現するため、県、高崎市、企業、民間団体、 専門家からなる上野三碑世界記憶遺産登録推進協議会が発足する。設立 記念総会・シンポジウムが、ヤマダ電機 LABI1高崎 LABI GATEで開かれる。 (名誉会長:元内閣総理大臣 福田 康夫、会長:上野三碑顕彰会会長 横島 庄治)
 
●平成27年6月16日 ユネスコ国内委員会へ国内候補の申請書を提出する。
●平成27年7月28日 上野三碑世界記憶遺産登録推進議員連盟(会長:中曽根弘文 参議院議員、特 別顧問:下村博文 衆議院議員)が設立される。
●平成27年8月7日 上野三碑世界記憶遺産登録推進サポーター(上野三碑の価値をPRし、 「世界 の記憶」への登録実現を応援する民間企業)の募集を開始する。 (平成29年10 月現在:157名)
●平成27年9月24日 ユネスコ国内委員会から、岐阜県・八百津町が申請していた「杉原リスト」とともに国内候補に選定される。
●平成28年3月6日 高崎市吉井文化会館で、上野三碑・杉原リスト共同シンポジウムを開催する。
●平成28年4月24日 上野三碑ボランティア会が設立される。
●平成28年5月7日 エテルナ高崎で、日中韓専門家による上野三碑を考える集いを開催する。
●平成28年5月30日 文部科学省を通じてユネスコへ登録申請書を提出する。
 
(編集部=峯岸武司)

イベント