ホーム

»

学校ニュース

»

世界平和記念日にちなみ太田市で国際交流イベントー11日

学校ニュース

一覧はこちら

世界平和記念日にちなみ太田市で国際交流イベントー11日

文化

みんなの学校新聞編集局 
投稿日:2017.11.08 
tags:舞フレンドat太田, ACT BEYONDBORDERS. 鶴舞う者たちプロジェクト, 世界平和記念日
 11 月 1 日(水)に創刊 130 周年を迎えた上毛新聞社は、群馬の新たな魅力を「グローバル目線」で捉え直し、県民が群馬に対する誇りを深めることを目的として、「ACT BEYOND BORDERS. 鶴舞う者たちプロジェクト」を、群馬県民の日である 10 月 28 日(土)より開始した。
 外国人に対する偏見や無関心を捨て、言語、文化、宗教の壁を越えていき、一人一人が力を合わせて群馬をさらに羽ばたかせたいとの思いがこのプロジェクトには込められている。
turumau

 国立社会保障・人口問題研究所の人口推計(平成 29 年度日本の将来推計人口)によると外国人の入国超過数について 2016 年から 2035 年までの今後 20 年間に累計で約 140 万人の入国超過を見込んでおり、日本全国として多文化共生を歩んでいく必要性があるといわれている。なかでも群馬県は在住の外国人の出身国数はおよそ 109カ国、5 万人ともいわれ、外国人人口比率で全国第3位と、有数の国際色豊かな地域だ。これが群馬でこのプロジェクトを立ち上げる意義でもある。

 このプロジェクトの一環として「世界平和記念日」で「折り紙の日」にあたる 11 月 11 日(土)に、外国人と日本人の子どもの交流を深める目的で、太田市美術館・図書館にてダンスイベント「舞フレンド at 太田」が開催される。

 イベント当日は群馬在住の外国人と日本の子どもを招待し、日本と外国籍の小学生が、言語に頼らないコミュニケーションを図りながら、ダンサー(峯島敦郎)と一緒に創作ダンスをつくり、多文化共生社会を表現する。県内でも外国人が多いエリアだからという理由で、会場は太田になった。
 群馬県在住の小学1年生から6年生ならだれでも無料で参加できる。

 イベント主催者は「言語、文化、宗教の壁を越えていきたい、多文化共生を発信していきたいという思いでプロジェクトが立ち上げました。国際県・群馬だからこそできるプロジェクトだと思うので皆様一人一人の力を合わせて世界に群馬を羽ばたかせていきましょう」と話している。

 

 
「舞フレンドat太田」
■日時:11月11日(土)
 
(午前の部)10時30分~12時00分(受付時間10:00)
(午後の部)13時30分~15時00分(受付時間13:00)
 
■場所:太田市美術館・図書館

 
 
(編集部=峯岸武司)

ページのパスを確認してください

ページトップへ