ホーム

»

学校ニュース

»

群馬県教育委員会 高校再編

学校ニュース

高校入試 【特集】定員減の時代に(2)倍率上昇がもたらすもの

みんなの学校新聞編集局 2017.06.22

tags:桐生高校, 群馬県教育委員会, 群馬県教育委員会 高校再編, 群馬 公立 定員, 群馬 公立 定員削減, 館林高校

公立高校の定員削減のニュースは教育現場や受験生に衝撃をもって受け止められた。現在の中3は2002年の生まれだ。奇しくも生まれた年にゆとり教育がスタートし、彼らが小学校に入学した頃から、OECDの学習到達度調査の結果を受けてゆとり教育の見直しが行われた。学習指導要領の改定が実施されたのは小学入学直後、「脱ゆとり」教育のスタートと軌を一にする。そして、待ち構える大学入試でも大きな変革が行われる。日本の …

記事全文はこちら

高校入試 高校再編や学級減について計画を示すー県教委

みんなの学校新聞編集局 2017.04.25

tags:群馬県教育委員会, 群馬県教育委員会 高校入試, 群馬県教育委員会 高校再編

県教委は4月、「高校教育改革の推進について-少子化に対応した特色ある高校教育と再編整備-」を発表した。今後の少子化に伴う定員の見直しと学校再編についての具体的な施策が盛り込まれた。 //■少子化をにらんで群馬県の中学校卒業者数は、平成元年をピークに、大幅に減少。公立高校全日制の1学年学級数は、平成元年度に506学級、1校平均約7学級であったのが、現在は328学級、1校平均5学級になってい …

記事全文はこちら

ページのパスを確認してください

ページトップへ