ホーム

»

とんぺー女子の東北大学留学記

»

はじめまして! 

とんぺー女子の東北大学留学記

一覧はこちら

はじめまして! 

みんなの学校新聞編集局 
投稿日:2017.04.05 

 はじめまして! 「とんぺー」です。「とんぺー」って何って思った人、多いですよね。この聞きなれない「とんぺー」とは、東大とも北大とも略すことのできない東北大学の通称です。かくいう私は晴れて、東北大学に合格し、この春から東北大生、つまりとんぺー生となることになりました。これがペンネームの由来です(そのまんま)。

●東北大学

 これから、このコラムを通じて大学生のリアルな声を、時々受験勉強など高校時代も振り返りながら発信していければと思ってます。よろしくお願いしますね!

 さて、いまの私はというと、絶賛引っ越し準備中です。群馬県人の私は、仙台の大学に実家から通うことはもちろんできません。すぐに一人暮らしなんて・・・。都内に出た友達はみんなアパートを借りたらしいけど、なにしろ私はすぐ帰ってこられる場所で生きていくわけじゃない。ということで、引っ越し先は寮に決めました。

 東北大の寮を紹介すると・・・。

 

 もちろんごく一般的な寮なんだけど、私が住む予定の寮はちょっと変わってる。ユニバーシティ・ハウスといって、外国人留学生を含む8人で、国際感覚を養いながら共同生活を送る学生寄宿舎なんです。8人でキッチン(炊飯器は2つ)、冷蔵庫、シャワー室2部屋、トイレ2部屋、洗面台2つを共有します。足りるのかな。あと浴槽がないのもちょっと残念。

 ただ、なんといっても新しい。そんでもって、きれい!! 国立大学の寮なんて、たいてい築何十年とか、昭和○年建設とかそんなもんだろうと思っていたけど、ここは違う。平成に入り、20年かそこらが経ってやっと建築されたらしい。なのでとにかく新しい。

寮
 私が寮生活を選んだ理由はまだあります。東北大学の男女比率は、私の入る文学部で男:女=1:1、大学全体では4:1。文学部は男子が女子の比率を上回らない唯一の学部だとはいえ、女子高で3年間、好き勝手やってきた私にとっては、かなり耐え難い環境・・・。男子がいる環境なんて想像できない(笑)。その点、寮での共同生活は女子オンリー。まさに女子校。また大勢の女友達と仲良くなって大学生活楽しめたらいいな。

 新しい生活への期待もあるけど、今頭にあるのはどちらかというと不安のほうが強いかな。仲良くなるといったって、第一友達はちゃんと作れるのか。自炊できるのか(今のところかなり危ない)。あとは、パソコンがきちんと使えるのか。今でこそこうしてパソコンのキーを叩いているけど、私は元来手の付けようもない機械音痴。でも、レポートの提出、スライドショーの作成―大学の授業にも不可欠です。パソコンが使えないと生きていけない現代社会で大丈夫?、私・・・って思ったりしてる。パソコンが原因で単位を落とすなんてことになったら、恥ずかしすぎる。

 大学生活スタートまで、あとわずか。まあ暮らしていれば不安も何とかなると信じて、残り少ない群馬生活を楽しもうと思ってる。 (とんぺー)

ページのパスを確認してください

ページトップへ