ホーム

»

とんぺー女子の東北大学留学記

»

3度目の春…古着屋にはまってます

とんぺー女子の東北大学留学記

一覧はこちら

3度目の春…古着屋にはまってます

みんなの学校新聞編集局 
投稿日:2019.03.25 
  皆さん、こんにちは!
  お久しぶりです。長い間更新できず、すみませんでした…。
 私はつい先ほど授業を終え、春休みに突入したところでこの記事を書いています。またたくさん更新したいと思うので、ぜひよろしくお願いします!
 
 それにしても、早くも仙台に来て3度目の春(まだ冬真っ盛りですが)が来ようとしています。初めは一人暮らしをするのにてんてこ舞いで(このコラムの第4回あたりをご覧ください…(笑))家事に部活に勉強に、と色々なものに追われる毎日でした。今でこそ、新たに専門的な授業に追われていますが、以前に比べれば周りを見渡せる余裕ができました。そこで、今回から少しずつ、私が息抜きがてらよく行くお店を紹介していきたいと思います!
 
 第一に、古着屋さん!!
 私は大学生になるまで古着屋さんに行ったことがなく、洋服はいつも同じお店で買う程度。買った服がだめになっても、同じようなものはまたどこかで買えるな、みたいなあまり特徴のない服を着ていることが多かったです。古着屋さん自体、どういった感じなのか想像もつかず…。ですが、友達に連れて行ってもらった大学すぐ近くの古着屋さんに行くと、一気に古着の良さに惹かれてしまいました。それまでの古着のイメージは何となく近くに住んでいる誰かが売った服、という感じだったのですが、アメリカからヨーロッパの国々まで、時代も様々で、デザインも個性的。私の知らない世界でした!それに、私がそれまで着ていた服は、さっき言ったように「無個性・大量生産型」。地味なものが多かったんです。そこに古着の個性的なものを少しずつ足していくと、すごく映えることに気が付きました。それからもうすっかり古着の虜です😊
 
 古着屋さんを好きになった理由は、服だけではありません。アクセサリーもとってもかわいいんです。元々イヤリングが好きで、大学に入ってから一番お金をかける場所が食の次にイヤリング、というくらいだったのですが、普通のものだと安くて1000円、かわいいハンドメイドのものだと、高いものでは4000円を超えることも…。
 
 いくら好きでもなかなかそのお金を出すのには抵抗があり、パーツを買って自作するほどでした。ですが、それにも限界があって…そんな時に見つけたのが古着屋さんのイヤリングでした。アンティークっぽくてちょっと重厚感があって、本当にかわいいのに安いものだと300円。指輪などもかわいいのがたくさん。それなのに、1000円に満たないものばかりです(もちろん、お店にもよると思いますが…)。それからアクセサリーはほとんど古着屋さんで買うようになりました(笑)。
 
 写真のものはお気に入りのイヤリング。どんな服装にも合います!!
イヤリング

 色々紹介しようと思ったのですが、古着屋さんの話だけでこんなに長くなっちゃいました(笑) 。せっかくなので次回ももうちょっと、仙台の古着屋さんを具体的に紹介したいと思います!今回も最後まで読んでくださってありがとうございました。また次回もよろしくお願いします!

イベント

4月 2024
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
« 3月   5月 »

詳細はこちら

ページのパスを確認してください

ページトップへ