ホーム

»

学校ニュース

»

来年4月、育英大学が開校ー高崎

学校ニュース

一覧はこちら

来年4月、育英大学が開校ー高崎

大学入試

みんなの学校新聞編集局 
投稿日:2017.10.18 
tags:前橋育英高校, 育英大学, 育英大学 入試, 群馬育英学園

育英大学は教育学部教育学科が設けられ、児童教育、スポーツ教育を学ぶことができる。

写真を拡大

 2018年4月、学校法人群馬育英学園は高崎市京目町に4年制の育英大学を開設する。開設される学部は教育学部教育学科で児童教育専攻(定員50名)とスポーツ教育専攻(定員50名)の2専攻。育英大学の石井學学長は「本学の建学精神である『公正、純真、奉仕、友愛』をもとに、道徳心を備え、教育学・保育学分野に関する専門性を持つ人材を養成したい」とメッセージを発信している。


 育英大学は、新規の大学開設になるため、現在運営されている育英短期大学もそのまま存続される。
 同学園では数年前から大学設立に向け準備を進めてきた。今年8月29日に文科省から大学の設置認可がされたことで、本格的な学生募集を開始。9月6日には上毛新聞に全面広告を出すなど、告知に向けて動き出した。
 入試広報課の桂課長は「資料請求の段階で県内はもとより全国から問い合わせをいただいております」と手ごたえを感じている。
 すでに入試も始まっており、10月14日(土)にはAO入試が実施された。今後推薦入試・特別推薦入試・一般入試が行われる予定
 開学初年度の今年は、制度の関係でセンター試験は導入されないが、翌年以降は参加する見込みだ。

育英大学 入試

<今後の大学説明会のスケジュール>
・※10月28日(土) 11:00~15:00
・※10月29日(日) 11:00~13:00
・12月3日(日) 10:00~ (要予約)
注)※印は育英短大の文化祭にあわせて個別相談のみ行う(予約不要)。予約はホームページまたは電話(027-352-1981)にてお申し込みください。

 

 

育英大学ってこんな大学だよ!

 

●児童教育専攻
 児童教育専攻は学校教育コース、幼児教育コースの2コースで構成される。
 学校教育コースでは幼稚園教育と小学校教育で必要な専門的知識を取得し、幼児期と児童期の学びの連続性を大切に指導できる幼稚園教諭、小学校教諭養成をめざす。また小学校からの英語教育が本格化することをにらみ、外国語の指導にも力を入れる。具体的には英検準1級やTOEIC800点以上を目指す講座を開講する予定だ。
 幼児教育コースでは、カウンセリングや障害児保育などに関する専門的な知識を修得し、発達障害を抱えた子供たちをはじめ、様々な角度から子どもたちの支援ができる幼稚園教諭・保育士の養成をめざす。


●スポーツ教育専攻
 スポーツ教育専攻は
❶ 学校教育の専門的知識を備えた保健体育教員の養成
❷ 部活動の強化と指導者の育成
❸ 地域スポーツ指導者の育成
❹ 地方公務員(警察官・消防士)の養成
の4点を指導の柱に据えている。中学校教諭(保健体育)、高等学校教諭(保健体育)、認定心理の資格取得を目ざす。

 


●キャリアサポート
 同学では通常のカリキュラムに加え、授業外で充実した「教員・公務員採用試験対策講座」も実施し、筆記試験や面接試験の対策を行う。キャリア実現のための支援体制を整備する。
 育英大学 キャリアサポート

 
●大学の場所

 
 (編集部=峯岸武司)

ページのパスを確認してください

ページトップへ