ホーム

»

学校ニュース

»

桐一、10大会ぶり優勝 県高校総体サッカー、育英に4─0

学校ニュース

一覧はこちら

桐一、10大会ぶり優勝 県高校総体サッカー、育英に4─0

スポーツ

みんなの学校新聞編集局 
投稿日:2022.05.16 
tags:サッカー, 前橋育英高校, 桐生第一高校, 決勝, 群馬県高校総体

【準決勝・桐一─共愛】共愛ゴール前でゴールを狙う桐一と守る共愛の選手(前橋総合運動公園で)

写真を拡大

 2022年度県高校総体の男子サッカーで桐生第一が優勝した。10大会ぶり2度目。14日の準決勝で共愛学園を4─0(1─0、3─0)、15日の決勝で前橋育英をやはり4─0(1─0、3─0)で破った。

 

 高校生世代のトップリーグ「高円宮杯JFAU―18サッカープレミアリーグ」も同時進行で戦う桐一は、今回の総体の全試合のスタメンは同じ顔ぶれはなく、多くの選手を起用した。準決勝、決勝でもトップチームの控え選手が活躍。「プレミアで頑張っている上(トップチーム)の選手を見て、競争意識が高まり、レベルが上がっている」(中村裕幸監督)ことが優勝の要因と見ている。

 

 

プレミア第7節は2点差を追い付く
 また、桐一は15日、その高円宮杯JFAU―18サッカープレミアリーグ(東地区)第7節でJFAアカデミー福島と対戦し、2─2(0─2、2─0)で引き分けた。静岡県御殿場市で行われたアウェーゲームで、桐一は2点差を追い付き、勝ち点1をものにした。

 

 中村裕幸監督は「全範囲けが人が出て厳しい戦いになったが、後半にスイッチが入って巻き返せた。ただ、その勢いで試合をひっくり返すところまで行けないのが今の実力」と振り返り、次節の青森山田戦(太田市運動公園陸上競技場)に向け「食らいついて、頑張りたい」と語った。

イベント

4月 2024
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
« 3月   5月 »

詳細はこちら

ページのパスを確認してください

ページトップへ