ホーム

»

学校ニュース

»

【連載】平成30年度 群馬県公立入試 動向分析(1) 定員削減校の分析

学校ニュース

一覧はこちら

【連載】平成30年度 群馬県公立入試 動向分析(1) 定員削減校の分析

高校入試

みんなの学校新聞編集局 
投稿日:2017.10.24 
tags:群馬県教育委員会, 進路希望調査, 群馬 公立 定員削減, 群馬 公立 倍率

 24日、県教委から第1回進路希望調査が発表された。みんなの学校新聞編集局では、大幅な定員削減が実施された8校の過去4年の10月調査、12月調査、後期倍率を時系列に並べた一覧表を作成した。

 表中(D)の増減率は10月調査から12月調査でどう動いたかを割合で示した。(E)は10月調査から後期倍率(最終)でどう変化したかを割合で示した。

 H30は今回発表された平成29年度卒業生の進路希望調査での倍率を表している。各校の平均は(A)についてはH30の数値も反映した。それ以外はH29までの平均値を表している。

 

定員削減8校の過去4年の倍率の推移

定員削減校 分析

 

※ 第1稿の10月調査の平均値にH30の数値が反映されていなかったため。10/24 14:42に修正しました。

 

【特集】定員減の時代に(2) 12月調査の予測値を掲載

 

(編集部=峯岸武司)

 

ページのパスを確認してください

ページトップへ