ホーム

»

学校ニュース

»

平成29年度 後期倍率 変更前後の動きを比較してみた

学校ニュース

一覧はこちら

平成29年度 後期倍率 変更前後の動きを比較してみた

高校入試

みんなの学校新聞編集局 
投稿日:2017.03.01 
tags:高校入試, 公立高校, 教育委員会, 群馬県公立高校, 倍率, 群馬県公立入試, 入試, 後期入試, 群馬 公立 後期, 群馬 公立高校

どれくらい動いたのか?

写真を拡大

 みんなの学校新聞編集局では、県教委から発表された平成29年度の後期倍率(確定版)を基に、先月末に発表された変更前倍率との比較データを作成した。データは学校倍率ではなく学科倍率を使用している。

 確定倍率が発表になったが、太田市内のある塾関係者は「倍率はあくまで目安。気になるのは仕方ないが、受験生はこの数字に一喜一憂せず、最後まで全力を尽くして頑張ってほしい」と話している。

(編集部=峯岸 武司)

 

 

■変更前後の倍率増減(2017年版)データ

➡PCで閲覧している人はクリックすると画像拡大されます。スマホ閲覧の方は、画像をタップすると大きく表示されます(iPhone動作確認済み)

2017_後期倍率変更前後比較

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(作成 みんなの学校新聞編集局)

ページのパスを確認してください

ページトップへ