ホーム

»

学校ニュース

»

群馬県教育委員会 高校入試

学校ニュース

高校入試 【公立入試】倍率ウォッチング2021 データ編

みんなの学校新聞編集局 2021.12.02

tags:群馬 公立 倍率, 群馬 公立 入試, 群馬 公立 定員, 群馬 公立 後期, 群馬 公立高校, 群馬県公立入試, 群馬県教育委員会, 群馬県教育委員会 高校入試

みんなの学校新聞編集局は公立入試の倍率情報や入試情報を学校別にまとめたデータ集を制作します。更新は随時行っていきます。   ●リリース予定 【第1弾】前橋地区 【第2弾】高崎地区 【第3弾】桐生・伊勢崎地区 【第4弾】太田・館林地区 【第5弾】渋川・沼田地区 【第6弾】安中・藤岡地区     [群馬県公立高校地区別倍率推移データ] [wc_columnsize="on …

記事全文はこちら

高校入試 【倍率ウォッチング】今年度の高倍率上位20学科をピックアップー10月調査から

みんなの学校新聞編集局 2021.11.09

tags:群馬 公立 倍率, 群馬 公立 入試, 群馬 公立高校, 群馬県公立入試, 群馬県教育委員会, 群馬県教育委員会 高校入試

みんなの学校新聞編集局は県教委が10月に発表した2021年度の進路希望調査をもとに、高倍率を記録した公立高校20校(学科)をピックアップした。 高倍率1位の市立太田(普通)は市立太田中学の内部進学組105名に加えての募集。11名という少ない定員に現時点で32名が希望を出している。そのため、倍率は3倍近い数字を記録した。普通科では統合・新設された桐生地区の桐生高校(旧・桐生高校と桐生女子高 …

記事全文はこちら

高校入試 こう変わる、群馬県公立高入試ー現・中1生から

みんなの学校新聞編集局 2021.11.08

tags:群馬 入試制度 変更, 群馬 公立 入試, 群馬 公立 入試 改革, 群馬 前期入試 なくなる, 群馬県公立入試, 群馬県教育委員会, 群馬県教育委員会 高校入試

 群馬県の公立高校入試の制度が大幅に変わる。現行の制度からどのように変わるのか、制度の詳細を県教委が発表した資料から紐解いた。 ◇入試制度変更の意図公立高校の入試が変更されるのは令和6年度の入学者選抜からで、現在の中学1年生以降が対象となる。変更のねらいは、①特色型と総合型の2つの観点で受検者の優れた点をより積極的に評価すること、②前期選抜と後期選抜で定員を分割している現行制度を見直し、 …

記事全文はこちら

高校入試 平成30年度 群馬県公立入試 第2回進路希望調査発表ー県教委

みんなの学校新聞編集局 2017.12.19

tags:群馬 公立 倍率, 群馬県教育委員会 高校入試

18日、県教委は第1回の公立高校の志願先調査結果(12月)を発表した。来年度入試は大規模な定員削減が予定されており、その倍率の動向は注目を集めていた。●進路希望調査(第2回) (編集部)

記事全文はこちら

高校入試 前橋清陵・太田フレ、秋季選抜の概要を発表ー5日

みんなの学校新聞編集局 2017.06.06

tags:前橋清陵高校, 太田フレックス高校, 群馬県教育委員会 秋季選抜, 群馬県教育委員会 高校入試

県教委は5日、前橋清陵高校と太田フレックス高校の秋季選抜(10月入学)の概要を発表した。 募集人員は若干名で、応募資格を有する者は中学校卒業者。ただし、高校などに在籍している者の出願は認めないとしている。 定時制課程の選抜日程は下記の通り。 ○入学願書等受付:平成29年8月21日(月)、8月22日(火) ○選抜検査:平成29年8月24日(木) ○合格者発表:平成29年8月28日(月)   …

記事全文はこちら

高校入試 トップ校定員減、どう見るーうすい学園代表・柴崎龍吾氏に聞く

みんなの学校新聞編集局 2017.06.03

tags:うすい学園, どうなる定員減, トップ校 定員減 群馬, 群馬県教育員会 定員, 群馬県教育委員会 高校入試

トップ校で定員減が検討されていることが報道され一週間が過ぎた。高崎・前橋地区の学習塾はこのニュースをどう受け止めたのか。県内大手のうすい学園(本部・高崎市)の柴崎龍吾氏に聞いた。   ■定員減の背景に大学入試改革 「(上毛の報道を見て)びっくりしたというのが正直な感想だ」。伝統校4校の定員減が検討されているという先週の上毛新聞の報道に、県内大手塾のうすい学園を運営する株式会社うすいの柴崎 …

記事全文はこちら

高校入試 【緊急特集】どうなる定員減 伝統校の入試への影響は?

みんなの学校新聞編集局 2017.05.25

tags:前橋女子高校 定員, 前橋高校 定員, 群馬県教育委員会 高校入試, 高崎女子高校 定員, 高崎高校 定員

本日付の上毛新聞の朝刊で「前橋・前橋女子・高崎・高崎女子」の学級減が検討されていることが報道された。学級減を検討している背景は何か、また実現された場合、高校入試にはどのように影響していくのか。編集部では過去の資料を基に分析をこころみた。   .responsive-test{width:280px;height:100px;} @media(min-width:470px){.re …

記事全文はこちら

高校入試 高校再編や学級減について計画を示すー県教委

みんなの学校新聞編集局 2017.04.25

tags:群馬県教育委員会, 群馬県教育委員会 高校入試, 群馬県教育委員会 高校再編

県教委は4月、「高校教育改革の推進について-少子化に対応した特色ある高校教育と再編整備-」を発表した。今後の少子化に伴う定員の見直しと学校再編についての具体的な施策が盛り込まれた。 //■少子化をにらんで群馬県の中学校卒業者数は、平成元年をピークに、大幅に減少。公立高校全日制の1学年学級数は、平成元年度に506学級、1校平均約7学級であったのが、現在は328学級、1校平均5学級になってい …

記事全文はこちら

ページのパスを確認してください

ページトップへ