ホーム

»

学校ニュース

»

みんなの学校新聞編集局

学校ニュース

ライフ 【足利】第2弾は「飾り付け」 銘仙柄や風景写真でにぎやかに あしもり隊の足利駅周辺活性化

みんなの学校新聞編集局 2022.01.16

tags:あしもり隊 足利市, 渡良瀬通信, 足利工業高校, 足利清風高校, JR足利駅周辺活性化事業

市内高校生の若い力で足利を盛り上げていく「あしもり隊」がJR足利駅周辺活性化事業第2弾として、同駅と連携して同駅構内に銘仙柄デザインや市内の風景写真を印刷したカッティングシートを貼り付けて装飾し、足利の魅力を発信する取り組みを開始した。   同隊は足利市制100周年に合わせ昨年6月に「足利市を明るく・楽しくさせる」「市の魅力を発信する」ことなどを目的に足利工業高校生8人、足利清風高校生6 …

記事全文はこちら

教育全般 【桐生市教委】適正化必要な学校規模とは 適正規模審議会、検討始める基準など議論

みんなの学校新聞編集局 2022.01.16

tags:桐生市 学校規模適正化, 桐生市 小中学校

桐生市立小中学校の少子化を踏まえた学校規模・配置の適正化基準などを検討する「同市立小中学校適正規模・適正配置審議会」(金井昌信会長、14委員)の第3回会合が14日、市役所正庁で開かれた。学校規模適正化の検討を始める基準について議論し、「1学年でも単学級となり、かつ今後新たに児童生徒の大幅増加が見込めない場合、そうなる3年前から検討開始」との具体案が示された。3月予定の次回会合でさらに議論を深めてい …

記事全文はこちら

ライフ 「脱線しない」お守りで合格祈願ー上電西桐生駅と中央前橋駅で販売

みんなの学校新聞編集局 2022.01.15

tags:上毛電気鉄道, 上電, 上電 脱線しない御守, 合格グッズ

受験シーズン真っ只中。世間ではさまざまな「合格グッズ」が販売されているが、鉄道会社ならではの視点で上毛電気鉄道が「合格グッズ」市場に”参戦”した。       受験シーズンに合わせて、上毛電気鉄道が、受験生を応援する「脱線しない御守」の販売をしている。西桐生駅と中央前橋駅で購入できる。   お守りは「合格達成」「交通安全」「健康増進」「勝運向上」の4種類。お …

記事全文はこちら

オピニオン 【コラム】「気づいたこと」ー明照学園理事長 野口秀樹

みんなの学校新聞編集局 2022.01.15

tags:明照学園, 森山良子, 樹徳 校長 コラム, 樹徳高校, 樹徳高校 野口校長

みなさん、こんにちは!明照学園(桐生市)理事長・野口秀樹と申します。樹徳高校の校長も務めさせていただいております。 学校の様子や感じること、考えることをインターネットで毎日発信しています。今回ご縁があり、「みんなの学校新聞」に当コラムを転載することになりました。時節にあわせた内容を過去のバックナンバーからえりすぐっていただき、お届けします。どうぞよろしくお願いします。     …

記事全文はこちら

中学入試 令和4年度 公立中高一貫校の志願状況・倍率を発表ー県教委

みんなの学校新聞編集局 2022.01.14

tags:中央中等 倍率, 中央中等教育学校, 四ツ葉学園 倍率, 四ツ葉学園中等教育学校, 市立太田中 倍率, 市立太田中学校, 群馬県教育委員会

 14日、県教委は令和4年度の中等教育学校・中高一貫校の志願状況を発表した。詳細は下表の通り。  いずれの学校も試験日は1月22日(土)で、合格発表は1月31日(月)。感染症罹患により当日検査が受けられない場合は、2月5日(土)に追検査が実施される。  なお、市立太田中学校は今年度から、募集定員を102名(過年度まで105名)にし、男女別枠での募集に変更している。   ◆令和4年度中央中 …

記事全文はこちら

スポーツ 【全国ミニバス群馬県予選】24チーム中、桐生・みどり市勢5チーム

みんなの学校新聞編集局 2022.01.14

tags:第53回全国ミニバスケットボール大会群馬県予選

第3回ボストンハウスカップ・とり弁鶏カップ・第53回全国ミニバスケットボール大会群馬県予選・第43回関東ミニバスケットボール大会県予選(A~Cクラス男女別)が8日開幕し、10日にかけてみどり市民体育館(桐生大学グリーンアリーナ)など県内各会場で、熱戦が繰り広げられた。全国大会と関東大会へ通じるAクラスは、9日までに2回戦まで行われ、準々決勝で登場のシードを含む男女各12チームが出そろった。桐生・み …

記事全文はこちら

子育て 来月1日から募集開始 桐生市独自の奨学資金貸与

みんなの学校新聞編集局 2022.01.13

tags:桐生市 奨学資金貸与制度

桐生市独自の奨学資金貸与制度について、同市は2月1日から、2022年度の申請受け付けを始める。大学などに進学を予定しながら経済的に就学が難しい市内在住者に対し市が無利子で最大年額40万8000円(月額3万4000円)を貸与するもの。申請期間は2月28日まで。 同制度の対象は、市内に住所がある世帯で、大学や短大、高専、高校、専門学校(修学年数2年以上の高等専修学校や専門学校)に在学しているか、入学 …

記事全文はこちら

高校入試 コロナ禍の入試 公立高校入試 追検査の概要について県教委の担当に聞く

みんなの学校新聞編集局 2022.01.13

tags:群馬 公立高校 コロナ, 群馬 公立高校 倍率, 群馬 公立高校 追検査, 群馬 公立高校 追検査 内容, 群馬県教育委員会 高校入試

年末落ち着きを見せていたが、年を明けて新型コロナウイルス感染症の新規感染者数が全国的な増加を見せている。群馬県でも12日、193人の感染が確認された。190人の大台を超えるのは134日ぶりのことだ。 山本一太群馬県知事もブログの中で、「第6波の襲来が明確になってきた」と分析、県内の感染増を警戒している。11日には県の新型コロナ対策本部会議で全県の警戒度レベルを12日から「2」に引き上げることを決定 …

記事全文はこちら

文化 年明け初舞台、元気届ける 桐生清桜高和太鼓部

みんなの学校新聞編集局 2022.01.13

tags:和太鼓部, 桐生清桜高校, 足利・子ども伝統芸能総合プロジェクト, 足利市民プラザ

足利・子ども伝統芸能総合プロジェクト「地域伝統芸能体験成果発表会」(足利市みどりと文化・スポーツ財団、足利市教育委員会主催、桐生タイムス社など後援)が10日、足利市民プラザ文化ホールで開かれ、県立桐生清桜高校和太鼓部(石田匠部長、部員24人)が出演。全国レベルの力強い演奏を足利市民に披露した。 同部は桐生西高校時代の2006年に創部。桐生南高校との統合後も継続して活動しており、桐生市のイベントや …

記事全文はこちら

ライフ 【新型コロナ】警戒度「2」に引き上げ 県立学校の対応示すー県教委

みんなの学校新聞編集局 2022.01.12

tags:新型コロナ 群馬県教育委員会

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、群馬県は1月12日(水)から全県において、県のガイドラインに基づく警戒レベルを「2」に引き上げた。期間は1月25日(火)までの2週間の予定。引き上げに伴い、11日、県教委は1月12日以降の県立学校の対応について発表した。   ■警戒レベル「2」の引き上げにともなう県立学校の対応 原則、「すべての県立学校で通常登校を継続する」こととし、生徒や教職員 …

記事全文はこちら

ページのパスを確認してください

ページトップへ