ホーム

»

文化

学校ニュース

文化 伝統ある共愛バザーの歩み(2)

みんなの学校新聞編集局 2017.09.21

tags:共愛バザー 2017, 共愛学園, 共愛学園 バザー

共愛学園のバザーは同校の恒例行事で、その歴史は長い。今年の開催は9月30日(土)と10月1日(日)の2日間だ。共愛バザーがどんなきっかけで始まり今に至ったか。その歴史をたどってみた。 戦後のバザーは、師弟一体の内に進められ、昭和20年代はまだ不規則だったものの、昭和30年頃には、現行のバザーの原型がほぼ出来上がっていたようです。学園に生徒会ができたのは、昭和40年のことです。この生徒会の …

記事全文はこちら

文化 伝統ある共愛バザーの歩み(1) 

みんなの学校新聞編集局 2017.09.21

tags:共愛バザー 2017, 共愛学園, 共愛学園 バザー

共愛学園のバザーは同校の恒例行事で、その歴史は長い。今年の開催は9月30日(土)と10月1日(日)の2日間だ。このバザーがどんなきっかけで始まり今に至ったか。歴史をたどってみる。   共愛学園のバザーの歴史は古く、大正時代まで遡ります。大正の初めの頃、文学会という催し物がありました。その中に新しい要素として付け加わったものだったのです。当時の生徒たちの多くは寮生でした。彼女たち …

記事全文はこちら

文化 オカルト誌「ムー」が珍妙な英会話本をリリースするというオカルトな件

みんなの学校新聞編集局 2017.08.25

tags:うんこ漢字ドリル, ムー 英会話, 学研, 英語

雑誌「ムー」といえばUFOや超現象、怪奇現象などを掲載している月刊オカルト情報誌だ。1979年の発行からコアなファンに愛され続けている。「ムー」を読んだことのないひとも、この雑誌の「ロゴ」は一度は書店で目にしたことがあるのではないだろうか。 雑誌のコンセプトはズバリ「世界の謎と不思議に挑戦するスーパーミステリーマガジン」。UFOや異星人、超能力、怪奇現象、超古代文明、超科学、陰謀論などのオカルト全 …

記事全文はこちら

文化 「花の甲子園」、地区大会で桐女が優勝

みんなの学校新聞編集局 2017.08.21

tags:桐生女子高校, 花の甲子園, 花の甲子園 群馬

 19日、池坊東京会館(東京)で行われた「Ikenobo花の甲子園2017」の関東地区(北)大会で、群馬県から出場した桐生女子高校チームが優勝した。 「Ikenobo花の甲子園」は、高校で池坊いけばなを学ぶ生徒3人が1チームとなり、制作した作品を発表する公開コンクール。全国14か所で地区大会が開催され、この地区大会で選抜された14校が、11月12日(日)に京都で行われる全国大会の出場権を獲得する …

記事全文はこちら

文化 「花の甲子園」関東地区(北)大会が行われるー19日

みんなの学校新聞編集局 2017.08.19

tags:前橋育英高校, 桐生女子高校, 桐生女子高校 華道部, 樹徳高校, 樹徳高校 華道部, 育英 華道部, 花の甲子園 2017, 花の甲子園 群馬

19日、池坊東京会館(東京)で「Ikenobo花の甲子園2017」の関東地区(北)大会が行われる。 「Ikenobo花の甲子園」は、高校で池坊いけばなを学ぶ生徒3人が1チームとなり、制作した作品を発表する公開コンクール。全国14か所で地区大会が開催され、この地区大会で選抜された14校が、11月12日(日)に京都で行われる全国大会の出場権を獲得する。 地区大会の課題は1人が制限時間内に1作品を創 …

記事全文はこちら

文化 共愛学園、中学生英語スピーチ・暗唱コンテストの応募を開始ー9月1日から

みんなの学校新聞編集局 2017.08.07

tags:共愛学園杯中学生英語スピーチ・暗唱コンテスト, 共愛学園高校, 共愛学園高校 スピーチコンテスト

共愛学園高校は現在、「第24回共愛学園杯中学生英語スピーチ・暗唱コンテスト」の出場者を募集している。同コンテストは11月3日(金)(文化の日)に同校の礼拝堂で開催される。後援には上毛新聞社・群馬テレビ・FMGUNMA・ニュージーランド航空などが予定されている。 出場する条件は公立中学校に在籍する中学生(中高一貫校の生徒は除く)で、各中学校とも暗唱部門とスピーチ部門(2名まで)あわせて3名まで出場 …

記事全文はこちら

文化 新島サマコン、今年は「オルガンとテノールの夕べ」

みんなの学校新聞編集局 2017.08.06

tags:オルガンとテノールの夕べ, クラウディオ・プリツィ, 小貫岩夫, 新島学園, 新島学園サマーコンサート

新島学園中学・高校(安中市)は8月31日(木)と9月1日(金)に毎年恒例の新島学園サマーコンサートを開催する。入場は無料。8月31日(木)は一般公開のコンサートで18:00から開演になる。9月1日(金)は生徒対象だが、一般の方も入場できる。10:30からの回と12:30からの回の2回ある。※1日(金)は生徒を優先するため、一般の方の座席は後方をご利用ください。今年は「オルガンとテノールの夕べ」と題 …

記事全文はこちら

文化 目指せ マンガ家!-第5回GUNMAマンガ・アニメフェスタ作品募集

みんなの学校新聞編集局 2017.06.30

tags:第5回GUNMAマンガ・アニメフェスタ, 群馬 まんが コンテスト

群馬県、群馬県教育文化事業団、GUNMAマンガ・アニメフェスタ実行委員会は30日、「第5回GUNMAマンガ・アニメフェスタ作品募集」について発表した。 募集されるのは下記の5部門で、今年から「ぐんま部門」が新設された。 1.マンガ部門(一般・中学生・小学生) 2.4コマまんが部門 3.アニメーション部門 4.イラスト部門(一般・中学生・小学生) 5.ぐんま部門(マンガまたはアニメーション作品に限 …

記事全文はこちら

文化 東国文化をリサーチせよ!-群馬県、「東国文化自由研究」の応募を開始

みんなの学校新聞編集局 2017.06.30

tags:群馬 東国文化自由研究, 群馬県教育委員会

古墳時代、群馬県は1万基以上の古墳が作られた「古墳大国」で、東日本をリードする先進的な地域だったといわれている。県内各地の古墳から出土した埴輪(はにわ)や金工品などにも、貴重なものがたくさんある。 群馬県と群馬県教育委員会では29日、こうした東国文化の歴史について調べてレポートにまとめる「東国文化自由研究」の応募を開始した。 応募資格は群馬県内の小・中学生が条件で、テーマについては群馬県の「東国 …

記事全文はこちら

文化 群馬と世界をつなぐーGIC会長・大河原康生さん

みんなの学校新聞編集局 2017.06.28

tags:GIC, GIC 群馬, GIC 群馬国際交流クラブ, クリエイティブ・スペース 大河原, クリエイティブ・スペース 群馬, 外国人 おもてなし, 大河原康生

イケメンだ。第一印象は爽やかな好青年。暑苦しくない。それでいて、熱がある。そしてクール。その日着ていた白のワイシャツが彼自身を象徴しているようだ。 大河原康生、33歳。群馬国際交流クラブ(GIC)の会長だ。GICとは群馬に在住する外国人と日本人がイベントを通じて交流するサークルだ。本業は高崎市内の電設会社の取締役である。その彼がなぜ外国人と交流する団体を立ち上げたのか。そのいきさつに興味を持った。 …

記事全文はこちら

ページのパスを確認してください

ページトップへ