ホーム

»

学校ニュース

»

桐生清桜高校

学校ニュース

ライフ 「桐生南高校」残ってます 国道50号の交差点名、当面存続

みんなの学校新聞編集局 2024.05.09

tags:キリナン, 桐生南高校, 桐生南高校 信号, 桐生南高校 標識, 桐生清桜高校

桐生南高校の閉校から3年。様々な名称が桐生清桜高校に置き換わる中、今もなお〝現役〟の「キリナン」として活躍しているものがある。国道50号の信号機につけられた「桐生南高校」の交差点名だ。市民が慣れ親しんだこの交差点名は今後も「桐生南高校」として、ドライバーや歩行者の安全を見守り続けることになった。 信号機に付けられた交差点の名称標識は道路管理者によって設置されている。国道であれば国土交通省、県道や市 …

記事全文はこちら

高校入試 【学校探訪記】桐生清桜高校、開校1年の現在地

みんなの学校新聞編集局 2022.05.17

tags:学校探訪記, 桐南 桐西 統合, 桐生 新高校, 桐生南高校, 桐生清桜高校, 桐生西高校, 清桜高校

県立桐生南高校(昭和38年開校)と県立桐生西高校(昭和55年開校)が統合され、2021年4月に新高校が誕生した。群馬県立桐生清桜高校だ。開校してから1年。同校の「いま」を取材した。   ■2校が「合流」して生まれた桐生清桜高校 桐生清桜高校(上原清司校長)は桐生市相生町と川内町をつなぐ相川橋の近く、渡良瀬川が流れる閑静な場所にある。「桐生西高校が県内でも有数な広大な校地をもっていたので、 …

記事全文はこちら

高校入試 清桜1.53倍、県内2番目の高さ 公立高校後期選抜志願状況

みんなの学校新聞編集局 2022.02.26

tags:桐生清桜高校, 桐生高校 倍率, 群馬 後期 倍率

県教委は25日、公立高校全日制・フレックススクールの2022年度入学者後期選抜志願状況を発表した。募集人員6453人に対し、志願者は6419人で前年度より197人減。平均倍率は0・99倍と初めて1倍を下回った。桐生地区は平均1・22倍で前年より0・11ポイント上昇した。   学校倍率では高崎経済大付属の1・59倍に次いで、統合新設2年目の桐生清桜が1・53倍と前年度の0・92倍を大きく上 …

記事全文はこちら

文化 年明け初舞台、元気届ける 桐生清桜高和太鼓部

みんなの学校新聞編集局 2022.01.13

tags:和太鼓部, 桐生清桜高校, 足利・子ども伝統芸能総合プロジェクト, 足利市民プラザ

足利・子ども伝統芸能総合プロジェクト「地域伝統芸能体験成果発表会」(足利市みどりと文化・スポーツ財団、足利市教育委員会主催、桐生タイムス社など後援)が10日、足利市民プラザ文化ホールで開かれ、県立桐生清桜高校和太鼓部(石田匠部長、部員24人)が出演。全国レベルの力強い演奏を足利市民に披露した。 同部は桐生西高校時代の2006年に創部。桐生南高校との統合後も継続して活動しており、桐生市のイベントや …

記事全文はこちら

教育全般 清桜高の魅力って何かな 公開授業で1年生が“探求”

みんなの学校新聞編集局 2021.12.21

tags:公開授業, 日置英彰, 桐生清桜高校, 群大共同教育学部

県立桐生清桜高校(中村清志校長)で16日、「総合的な探究の時間」の公開授業が行われ、普通科アドバンスト探究コースの1年生が自分の高校の魅力をアップするアイデアを発表し、活発な意見交換を行った。 同校では今春の開校に向け、2019年度から担当教諭が群馬大学、群馬県教育委員会と連携し、探究コースのプログラム開発や体制整備に取り組んできた。   この日の飯塚雄紀教諭による授業では4、5人のグ …

記事全文はこちら

教育全般 「ゴールのない未知の世界へ」 清桜高で第1回創立記念式

みんなの学校新聞編集局 2021.11.20

tags:ホットランド, 佐瀬守男, 創立記念式, 桐生南高校, 桐生清桜高校, 桐生西高校

県立桐生清桜高校(中村清志校長)の第1回創立記念式・講演会が17日、同校体育館で挙行された。桐南と桐西が統合して今年4月に開校した同校。いまだ続く新型コロナウイルス禍で、式場の体育館には新制服を身に着けた1年生だけが参列、2、3年生は教室でオンライン視聴した。 中村校長は「恵まれた教育環境のもと、735人が充実した学校生活を送っている」と7カ月を振り返り、「予測困難な時代、多様性を認め合い、協力 …

記事全文はこちら

ページトップへ