ホーム

»

教育全般

学校ニュース

教育全般 相生も意見集約持ち越し 検討委で小中再編議論ー桐生市教委

みんなの学校新聞編集局 2024.07.02

tags:小中学校 規模適正化, 桐生市 市学校規模等適正化中学校区検討委員会, 桐生市教育委員会

急激に進む少子化に備えた桐生市立小中学校の再編を検討するため、同市教育委員会が市内9中学校区ごとに設置した「市学校規模等適正化中学校区検討委員会」。その相生中学校区検討委(中村清委員長、12委員)の第2回会合が1日、相生中学校で開かれた。委員からさまざまな意見が出たが、意見集約は次回以降の会合に持ち越しとなった。 検討委は1~2月、市教委が黒保根地区を除く9中学校区にそれぞれ設置。小中学校のPTA …

記事全文はこちら

教育全般 多様な意見出し合う桜木 方向性は次回持ち越しに 検討委で小中再編議論

みんなの学校新聞編集局 2024.06.26

tags:小中学校 規模適正化, 桐生市 市学校規模等適正化中学校区検討委員会, 桐生市教育委員会

急激に進む少子化に備えた桐生市立小中学校の再編を検討するため、同市教委が市内9中学校区ごとに設置した「市学校規模等適正化中学校区検討委員会」。その桜木中学校区検討委(須永伸一委員長、12委員)の第2回会合が25日、桜木公民館で開かれた。会合では「桜木小と神明小を一緒に」「(桜木中学校区の)12区から小学校がなくなるのは大変」「市内の中学校は4校あればいい」など、多様な意見が出たが、方向性を決めるま …

記事全文はこちら

教育全般 県教委、部活動地域移行に向けた検討委を開催ー18日

みんなの学校新聞編集局 2024.06.24

tags:群馬 部活動 地域移行, 群馬県教育委員会, 部活動 地域移行

群馬県教育委員会(平田郁美教育長)は18日、「第1回群馬県地域クラブ活動体制整備検討委員会」を開いた。公立中学校における休日の学校部活動の段階的な地域移行に向けた体制や整備を検討する目的で、各市町村教育委員会、市町村関係部局、学校関係者、大学関係者などが出席した。 出席した委員からは、地域移行に向けた明確なロードマップを示していかないと関係する団体が動けないという意見が出された。そのための環境整備 …

記事全文はこちら

教育全般 【SAH実践報告】Aタイムー創立125周年の高女の新たな挑戦(下)

みんなの学校新聞編集局 2024.06.21

tags:SAH 群馬, 群馬県教育委員会  SAH, 高女, 高崎女子高校, 高崎女子高校 SAH

今年4月から県立高崎女子高校(丸橋覚校長)では生徒が自ら計画し、1コマ55分の授業時間を自由に活用できるAタイムという時間をスタートさせた。「A」には自分の人生や周りの世界に対して、良い方向に影響を与える能力であるAgency(エージェンシー)の意味が込められている。  同校は昨年から、自ら考え、判断し、行動できる生徒の育成を図るモデル実践校として県教委から「SAH(スチューデント・エージェンシー …

記事全文はこちら

教育全般 【SAH実践報告】Aタイムー創立125周年の高女の新たな挑戦(上)

みんなの学校新聞編集局 2024.06.21

tags:SAH 群馬, 群馬県教育委員会  SAH, 高女, 高崎女子高校, 高崎女子高校 SAH

今年4月から県立高崎女子高校(丸橋覚校長)では生徒が自ら計画し、1コマ55分の授業時間を自由に活用できるAタイムという時間をスタートさせた。「A」には自分の人生や周りの世界に対して、良い方向に影響を与える能力であるAgency(エージェンシー)の意味が込められている。  同校は昨年から、自ら考え、判断し、行動できる生徒の育成を図るモデル実践校として県教委から「SAH(スチューデント・エージェンシー …

記事全文はこちら

教育全般 高校生の就職活動について経験者に聞いてみた!

みんなの学校新聞編集局 2024.06.20

tags:高卒採用 情報解禁日, 高校生 就職, 高校生 就職活動 流れ

昨年、人手不足などを背景に7月時点での高校卒業予定者を対象にした求人倍率は全国で3.52倍と過去最高を記録した。1980年代後半のバブル期を上回る「売り手市場」となっている。群馬県内でも複数の高校関係者が「求人が多く、売り手市場になっている」と口を揃える。高校生の就職市場に企業が熱視線を注ぐ中、意外と知られていないのが高校生の就職活動の流れ。大学の就職活動が何社も応募できるのに対し、高校生の就職活 …

記事全文はこちら

教育全般 高校生の就職活動について高校の先生に聞いてみた!

みんなの学校新聞編集局 2024.06.17

tags:前橋工業高校, 高卒採用 情報解禁日, 高校生 就職, 高校生 就職活動 流れ

昨年、人手不足などを背景に7月時点での高校卒業予定者を対象にした求人倍率は全国で3.52倍と過去最高を記録した。1980年代後半のバブル期を上回る「売り手市場」となっている。群馬県内でも複数の高校関係者が「求人が多く、売り手市場になっている」と口を揃える。高校生の就職市場に企業が熱視線を注ぐ中、意外と知られていないのが高校生の就職活動の流れ。大学の就職活動が何社も応募できるのに対し、高校生の就職活 …

記事全文はこちら

教育全般 「みんなの笑顔うれしい」桐高運動会で生徒躍動

みんなの学校新聞編集局 2024.06.14

tags:桐生高校, 桐生高校 運動会

県立桐生高校(桐生市美原町、高橋浩昭校長、全校生徒951人)が隔年で行う恒例行事「水桜杯争奪大運動会」が12日、同校校庭で行われ、生徒たちはさまざまな種目で表情豊かに躍動した。 旧桐生高校と旧桐生女子高校が統合して2021年度に発足した新生桐生高校。新型コロナウイルス禍の前回22年と異なり、感染防止対策の制限がない初の運動会となった。 生徒たちは学年が入り混じった6つの団に分かれ、それぞれ色違いの …

記事全文はこちら

教育全般 【シリーズ】校長に聞く(第3回) 桐生大学附属中学校 神子澤修校長

みんなの学校新聞編集局 2024.06.12

tags:キリイチ, 桐生大学附属中, 桐生第一高校, 神子澤 修

24年4月付けで、桐生大学附属中学校(桐生市小曽根町)の校長に就任した神子澤修先生(64)に「どんな学校にしたいか」「どんな校長になりたいか」などインタビューしました。   ――校長就任おめでとうございます。まずは新任校長ということで、どんな学校にしたいと考えていますか? 1901年に学園を創設された長澤幹子先生の建学の精神「社会に出て役に立つ人間の育成」が学園のよりどころですから、これ …

記事全文はこちら

教育全般 境野は市全体の視点強調 検討委で小中再編議論 桐生市教委

みんなの学校新聞編集局 2024.06.06

tags:小中学校 規模適正化, 桐生市 市学校規模等適正化中学校区検討委員会, 桐生市教育委員会

急速な少子化に備えた桐生市立小中学校の再編を検討するため、同市教委が市内9中学校区ごとに設置した「市学校規模等適正化中学校区検討委員会」。その境野中学校区検討委(丸橋英雄委員長、9委員)の第2回会合が4日、同校で開かれた。委員からは「この先減るのが目に見えている。市全体でとらえないといけない」などと、より幅広い視点で検討を進める必要性を強調する意見が出た。 検討委は1~2月、黒保根を除く市内9中学 …

記事全文はこちら

ページトップへ