ホーム

»

オピニオン

学校ニュース

オピニオン 【コラム】ライバル(神子澤修)

みんなの学校新聞編集局 2022.04.26

tags:入学式, 桐生大学, 桐生大学附属中, 桐生大学附属中 神子澤修, 桐生第一高校

生徒の皆さんに、時々聞いてみます。   「君には、ライバルはいる?」   ライバルは大切です。   以前、このような記事を読んだことがあります。 バンクーバーでの冬季オリンピックの前の話です。 ある新聞記者が優勝候補との呼び声が高かったフィギィアスケートのキム・ヨナ(韓国)にインタビューしたそうです。(当時、キム・ヨナと浅田は、熾烈なライバル関係にありました) &nb …

記事全文はこちら

オピニオン 【塾の先生コラム】「洗脳」と『教育』(桐生進学教室)

みんなの学校新聞編集局 2022.04.20

tags:塾の先生コラム, 桐生進学教室

|はじめに 先日、桐生タイムス社の社長であり、この「みんなの学校新聞」の代表でもある木村さんから直々に、「他の教育関係者から、この企画には桐生進学教室の塾長の意見を載せた方が良い、という推薦があったので、丹羽先生にもぜひ参加していただきたい」というありがたいお誘いがありました。 その時に私は「私をご存知の方々が私を推薦してくださったということは、かなり奇抜で過激な内容を皆さんは期待していらっしゃる …

記事全文はこちら

オピニオン 【コラム】挨拶美人(神子澤修)

みんなの学校新聞編集局 2022.04.19

tags:入学式, 桐生大学, 桐生大学附属中, 桐生大学附属中 神子澤修, 桐生第一高校

久しぶりに市内の花屋さんに入ってみました。 この花屋さんには、卒業生が勤めています。 あいにく卒業生の店員は、非番でこの日はお休みでした。   少し残念に思っていたら、「あの娘は、お客様に評判がいいんですよ。」とその花屋さんの経営者の奥さん。続けて、「しっかりとお客様の目を見て挨拶ができる」って。   卒業生が褒められると、教師冥利に尽きます。     い …

記事全文はこちら

オピニオン 【コラム】進級・進学の季節です(神子澤修)

みんなの学校新聞編集局 2022.04.12

tags:入学式, 桐生大学, 桐生大学附属中, 桐生大学附属中 神子澤修, 桐生第一高校

始業式と入学式の季節です。   ちょうどその日のこと。個人的には、桜の花はあまり好きでないけど、ツバメが飛んでいたことにはとっても感激しました。   始業式、在校生の元気な顔と顔。やっぱり学校には生徒が一番似合う。   掃除の時に、箒の柄をマイクに見立ててインタビューをしてみました。   「あなたの今年度の目標は何ですか?」   「私の目標は、クラ …

記事全文はこちら

オピニオン 【知事取材を終えて】既存の発想を超えた高校再編の視点(3)

みんなの学校新聞編集局 2022.04.09

tags:宮城県 公立 共学化, 山本一太 群馬県知事, 桐生高校, 群馬 女子校 共学化, 群馬 男女共学化 別学校, 群馬 男子校 共学化, 群馬 高校 再編, 群馬 高校 男女別学, 群馬県教育委員会, 茨城県教育委員会 中等教育学校

|別学校を残すという選択 山本知事はインタビューの中で「一律に一気に共学化してしまうといった乱暴で強引なやりかたではなくて、大きな時代の流れを踏まえつつも、地域の実情も考えながら進めていくという方向性」と述べている。たしかに、伝統校の再編には大きな痛みを伴う。それならば、その痛みをあえて選択する必要があるのかというのが二つ目の提言である。具体的に言うと、男女別学校を残していくというのも選択肢もある …

記事全文はこちら

オピニオン 【知事取材を終えて】既存の発想を超えた高校再編の視点(2)

みんなの学校新聞編集局 2022.04.08

tags:山本一太 群馬県知事, 桐生高校, 群馬 高校 再編, 群馬県教育委員会, 茨城県教育委員会 中等教育学校

|中等教育学校への”鞍替え”による再編 前稿でも触れたが、「中等教育学校を群馬県も増設すべきではないか」というのが今回の提言の柱の一つである。 6年間を一貫して学べる中等教育学校という形態は、群馬県の掲げる「始動人」の理念と親和性がある。一方で、学校数がまだ少ないため、遠方から通学したい生徒は長時間通学を余儀なくされる。   そこで高校の再編計画の中に「中等教育学校の新設」を盛り込み、既 …

記事全文はこちら

オピニオン 【知事取材を終えて】既存の発想を超えた高校再編の視点(1)

みんなの学校新聞編集局 2022.04.07

tags:山本一太 群馬県知事, 桐生高校, 群馬 高校 再編, 群馬県教育委員会, 茨城県教育委員会 中等教育学校

|「既存の発想」による高校再編 山本一太群馬県知事の取材を終えて、これからの高校のありかたについて、自分なりに考えてみた。 取材中、知事は「既存の発想ではない視点から(高校再編を)捉えていくことも大切だ」という言葉を口にした。「既存の発想」というのは、ある地域で子どもの人口が減少し、高校数を再編しなければならない事態に直面したとき、たとえば、A高校(男子校)とB高校(女子校)を統廃合して新高校を設 …

記事全文はこちら

オピニオン 【コラム】3つのスープの物語(神子澤修)

みんなの学校新聞編集局 2022.04.05

tags:桐生大学, 桐生大学附属中, 桐生大学附属中 神子澤修, 桐生第一高校

あるビジネスホテルでのお話です。 このホテルは、朝食で3種類のスープを出していました。 「ビシソワーズ」「トムヤンクン」「コーンスープ」です。   「コーンスープ」だけがいつも先になくなり、残りの2種類はいつも廃棄されていました。   「ビシソワーズ」も「トムヤンクン」も美味しいのに何故? ホテルの支配人は、従業員に対して「何とかしろ」と命令しました。   するとあ …

記事全文はこちら

オピニオン 【コラム】心の偏差値にも目を向けよう(神子澤修)

みんなの学校新聞編集局 2022.03.30

tags:桐生大学, 桐生大学附属中, 桐生大学附属中 神子澤修, 桐生第一高校

受験シーズンも終わりましたね。   皆さんの受験は、いかがだったでしょうか?   さて、受験と言えば、『偏差値』ですね。   皆さんは、『偏差値』には2種類あることをご存知でしょうか。   ひとつは皆さんがとっても気にする【学力の偏差値】です。 私もこの偏差値には、受験生の頃から現在に至るまで、悩ませ続けられています。   そしてもう一つの偏差値 …

記事全文はこちら

オピニオン 【コラム】2種類の目標について(神子澤修)

みんなの学校新聞編集局 2022.03.22

tags:桐生大学, 桐生大学附属中, 桐生大学附属中 神子澤修, 桐生第一高校

目的には、二種類あることをご存知でしたか。   1つは、他人に決められた、押し付けられた目標です。 例えば、「うちは代々医師だから、お前も医師になるんだ」という感じ。 この目標を「他人事の目標」って言います。   一方、「僕は、地域社会に貢献する医師になりたい。そして、人々を幸せにしたい」 この目標は自分で決めた目標なので「自分事の目標」と言います。   どちらの目標 …

記事全文はこちら

ページトップへ